有末剛 緊縛夜話

ザムザ阿佐ヶ谷にて定期開催している緊縛イベント。今宵一夜の夢の泡沫を、あなたと共に。

有末剛緊縛夜話第二十二夜『朝まだき』<コロナウイルス感染拡大防止の観点より、公演は中止となりました>

有末剛緊縛夜話第二十二夜『朝まだき』

※情報は随時更新予定です。

<追記>

3/15追記 ヘアメイクで、木下恭子さんの参加が決定いたしました。

コロナウイルス感染防止についての本公演の取り組み(2020.3.29現在)

有末剛緊縛夜話第二十二夜『朝まだき』上演中止のお知らせ(2020.4.2追記)

 

f:id:jiji_urakata:20200310002611j:plain

 

<有末剛緊縛夜話第二十二夜『朝まだき』上演中止のお知らせ>

みなさまへ

緊縛夜話制作 吉乃蕾です。
度重なるご報告をお許しください。
新型コロナウイルスへの対策につきまして、わたし達は、日々、情報を収集し、その上でさまざまな方々、関係者とも話し合い、より安全な上演を目指して検討して参りした。
しかし、気をつけていても、現状では生活しているだけで感染の危険性があります。
そしてまず何よりも、わたし達がどなたかへ感染させる危険性が拭えません。
これまでは公演を行うことを前提に進めて参りましたが、
わたし達は、集まってくださった方々の健康を損なう可能性がある状況では、公演はできないと判断いたしました。

ご来場を検討くださったみなさま、本当に、大変申し訳ありません。
再び緊縛夜話を舞台としてお届けすることを、わたし達は諦めてはおりません。
どうかお元気で、きっとまた必ず舞台で再会できますように。
個別にご連絡はいたしますが、キャンセル料などは一切発生いたしません。

 

蛇足ではございますが、

わたし達は公演中止を選択しました。
しかし、これまで述べてきました見解は、あくまでわたし達の個人的な考えです。
さまざまな団体様が、それぞれ懸命に考え、選択し、この事態に取り組んでおられることと思います。
わたし達の考えと選択は、たくさんある見解と選択のひとつでしかないことも、お伝えさせてくださいませ。

また、
今の状況のなかで、わたし達がみなさまへお渡しできるものを、制作サイドにて模索しております。そのことについて、またご報告できたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

2020.4.2. 緊縛夜話制作 吉乃蕾

 

コロナウイルス感染防止についての本公演の取り組み(2020.3.29現在)

皆様、大変不安な状況でお過ごしだと思います。刻一刻と状況が変化する中、4月26日の公演について検討しておりましたが、現段階では、上演を行う方針で準備を進めております。
新型コロナウイルスに感染しないこと、感染させないことに注意した上で、唯一無二の有末剛緊縛をお届けするために、以下の取り組みを行い、公演をいたします。

・当日、スタッフはマスク着用いたします。
・当日、発熱、咳、くしゃみ、鼻水、倦怠感、全身痛など風邪の症状がある方はご来場をご遠慮下さい。キャンセル料などは一切発生しません。
・同居されているご家族の方や、職場、学校など身近に接触する方の中に、新型コロナウイルス感染症に感染の可能性がある方・感染された方がいらっしゃるお客様は、申し訳ございませんが、ご来場をご遠慮ください。キャンセル料などは一切発生しません。
また、海外渡航後14日未満のお客様につきましても、大変申し訳ございませんが、ご来場をご遠慮ください。日本における検疫の徹底についてはやや疑問が残る部分があり、またPCR検査の感度は完璧ではありません。キャンセル料などは一切発生しません。
・可能な方は、マスクの持参・着用をお願いいたします。また、マスクがない場合は、ハンカチなどで代替いただき、咳エチケットの敢行をお願いいたします。
・トイレに手洗い石鹸の設置をします。また受付にはアルコール消毒を用意しておりますので、御入場時の手指消毒をお願いいたします。流水と石鹸を用いた手洗いは日常でも感染予防に有用です。公演時に限らず励行をお勧めいたします。
・受付にうがい用コップもご用意しております。必要に応じてお使いください。
・懇親会の開催はいたしません。楽しみにしていただいたお客様には申し訳ございません。
・密集を避けるために、客席は少ない設定になっております。恐れ入りますが、ご予約はお早めにお願いいたします。必要に応じTwitterなどで客席情報を随時掲載いたします。
・各公演前に、会場の換気と清掃消毒を実地いたします。
・出演者との面会につきまして、恐れ入りますが密集することがないようにスタッフが誘導する場合がございます。どうぞご了承くださいませ。

目に見えない脅威は不安を感じさせます。心が疲弊して萎んでしまうことは辛いことではないかと思います。
どうか十分な睡眠を、眠れないかたは笑いを、美味しく温かな食事をして過ごしていただけますように。
多くの制限を設けた公演となり、大変申し訳ありません。
ご来場くださるお客様が、ひととき不安を忘れて舞台の世界を生きてくださいますように。

お問い合わせは、吉乃蕾 yoshinotsubomi@gmail.com までご連絡くださいませ。

 

【日時】
4/26(日)14:00~/18:00~
(それぞれ30分前開場、上演時間は70分を予定しております)
※本公演では懇親会の開催はございません。

【会場】
ザムザ阿佐谷
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21 TEL:03-5327-7640
JR中央線総武線 阿佐ヶ谷駅北口 徒歩5分
(新宿より快速で9分。日曜日は中央線は停車いたしません。黄色い総武線をご利用下さい)
阿佐ヶ谷駅北口を出て線路沿いを荻窪方面へ、右手に見えるTOAフィットネスクラブの北側です。

【料金】
予約:一般4,000円
当日:一般4,500円 
※当日精算、ご来場順の入場です。また、当日券の方のご入場は、ご予約のお客様の後となります。

【キャスト】
緊縛/有末剛
二胡・声/中川えりか(アカラ)
緊縛モデル/あべあゆみ・吉乃蕾
朗読/磯崎いなほ
脚本・演出/高木尋士
照明/若林恒美
空間美術/鶴見直斗

ヘアメイク/木下恭子
協力/オフィス再生
制作/市川未来(オフィス再生)・ザムザ阿佐谷・吉乃蕾

【予約】
[一般予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/yawa22
[有末剛扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/yawa22?m=0habbbc

[あべあゆみ扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/yawa22?m=0chbfda
[磯崎いなほ扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/yawa22?m=0cggehf
[中川えりか(アカラ)扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/yawa22?m=0jhbdgc
[吉乃蕾扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/yawa22?m=0lbdfji

ザムザ阿佐谷 TEL:03-5327-7640

※当日のご連絡もザムザ阿佐谷へご連絡ください。
また、ご予約フォーム不具合の際のご連絡またご予約は、yoshinotsubomi@gmail.com へご連絡ください。


【概要】
緊縛師・有末剛。
40年の年月を経て磨かれた緊縛の芸術性を様々な演出、様々な芸術家とともにおくる舞台シリーズ『緊縛夜話』
今回は二胡の演奏とともに おおくりいたします。

有末剛の吐息と残酷な裏声の圧縮。
縛る手は襲いかかった誠実な静けさ。
触覚と未分化な言葉が紡ぎだす荒涼の啓示。

二胡が白い雪けむりをあげて疾走する

その向こう
そこには何もなかったし
何もない

ただ、原初の言葉の断片が、あとを追う。

【プロフィール】
有末剛
80年代初頭に緊縛師としてデビュー以降、映画・雑誌等多くの媒体で緊縛を担当。国内外で精力的に緊縛ワークショップを開催し、緊縛指導書などの制作も行う。他分野のメディアやアーティストと積極的にコラボレーションを図り、芸術性の高い独自の緊縛世界を展開する傍ら、自らも著述や写真などの作品を発表。
また緊縛師としての深い経験により得た「官能についての見識」を伝える活動を開始。緊縛師であり官能研究家、写真家であり作家。その要素の全ては丹念に紡ぎ出され独特の世界を築き上げている。
有末剛公式HP http://arisuego.jimdo.com/

中川えりか
10歳から声楽をまなび、14歳でNHK音楽コンクール入賞。2004年サウスサイドレコードよりバンドデビュー。同時期に二胡と出会い、ツイン二胡と歌のユニット「アカラ」を結成。両国国技館でのイベントにゲスト出演、3年連続となる上海・広州ワンマン公演でツアー4会場の来客記録を更新するなど、国内外で活動を展開。和洋楽器、声明、演劇、舞踏等とのコラボを通じて、即興、声と弦の独自の表現にも挑み続けている。
アカラHP http://akara.jp/

Facebookページ https://www.facebook.com/akaraclub/

高木尋士
80年代初頭、暗闇を作ることと暗闇を覗くことに熱中し、以降、取り憑かれたように「暗闇」を創り続ける。寺山修司の死をきっかけに舞台作品を発表し始め、故昭和精吾の楽曲制作や音響、月蝕歌劇団万有引力での音響などを経て、「劇団再生」を結成。故見澤知廉の作品を舞台化しながら、テーマを「革命」「学生運動」へと先鋭化していく。闇に浮かび上がる独特の舞台観は、見る者に対して「見ることの責任」を突きつけ、構造としての「闇」を視覚化する。
また鈴木邦男氏との定期的な対談を通じて、新しい「読書」の形を提案し続けている。年間500冊におよぶ読書から、文学における「闇」の具現化に取り組んでいる。
高木尋士公式HP http://www.takagigokko.com/

 

有末剛緊縛夜話第二十一夜 『蘇芳香』

有末剛緊縛夜話第二十一夜 『蘇芳香』

巨大台風19号が10/12に関東地方を通過、10/13の午前いっぱいまで交通機関の乱れが予想されております。

緊縛夜話は予定通り上演予定ですが、ご予約の振替も承りますので、変更などご希望のお客様は yoshinotsubomi@gmail.com またはザムザ阿佐谷までご連絡くださいませ。

 

f:id:jiji_urakata:20190907072242j:plain

f:id:jiji_urakata:20190907072329j:plain


【日時】
10/13(日)14:00~/18:00~ 10/14(祝)14:00~
(それぞれ30分前開場、上演70~80分予定)
※ 最終日の公演後に、トークイベントがございます。詳細は後日お知らせいたします。(本公演では懇親会はございません。)
また、各公演終了後に山口椿サイン入り新刊書籍『蘇芳香』の販売をいたします。


【会場】
ザムザ阿佐谷
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21 TEL:03-5327-7640
JR中央線総武線 阿佐ヶ谷駅北口 徒歩5分
(新宿より快速で9分。日曜日、祝日は中央線は停車いたしません。黄色い総武線をご利用下さい)
阿佐ヶ谷駅北口を出て線路沿いを荻窪方面へ、右手に見えるTOAフィットネスクラブの北側です。

 

【料金】
予約:一般4,000円
当日:一般4,500円 
※当日精算、ご来場順の入場です。また、当日券の方のご入場は、ご予約のお客様の後となります。

 

【キャスト】
緊縛:有末剛
原作・チェロ:山口椿
演出・脚本:高木尋士
底本・譚詩『目隠し地蔵』:山田哲平
出演:あべあゆみ、磯崎いなほ、板敷輝、鶴見直斗、吉乃蕾
空間美術:鶴見直斗
照明:若林恒美
衣装:芝崎るみ
協力:オフィス再生  
制作:ザムザ阿佐谷、吉乃蕾

 

【概要】
『彼岸にお連れくださりまするか』

有末剛の緊縛を、様々な芸術家や演劇とともに表現する舞台シリーズ『緊縛夜話』
二十一回目となる今回、舞台をともにするのは、チェリストであり作家、画家として多くの作品を世に送り出している山口椿
『蘇芳香』は、山口椿の初めての能狂言をもとに舞台化した作品であり、光と影の芸術です。
演出は、これまでも有末剛と山口椿の舞台演出を手掛けている高木尋士。
これまでの作品を踏まえ、新たな世界を構築します。
さらに衣装に芝崎るみ、照明に若林恒美を迎え、それぞれの美を持ち寄った、二度とは観られない舞台となります。どうぞお見逃しなく!
また、出版を記念して山口椿サイン入り書籍の特別販売も実施いたします。

【降板のお知らせ】
この度御出演予定でした山口椿さんですが、急病により降板することとなりました。
楽しみになさっていた皆様には、本当に、大変申し訳ありません。
制作としてこのよりお詫び申し上げます。
本公演では、ご本人に代わり、椿さんが今回演奏予定であった演奏音源と椿さんの画とともに舞台を構築いたします。

また、ご本人ご不在のため書籍のサインを頂くことができません。重ねてお詫び申し上げます。
キャンセル料などは発生いたしませんが、キャンセルの際にはカルテットオンライン、または吉乃まで申し付けくださいませ。
重ねて、楽しみにしてくださっていた皆様にお詫び申し上げます。
山口椿さんの体調などについてのご質問には、椿さんのプライベートであるためお答え致しかねます。
また、椿さんからのご伝言で、椿さんご本人へのお電話なども今はお控え下さいますよう、何卒どうかお願い申し上げます。
どうかくれぐれも、よろしくお願いいたします。
わたしたちは、椿さんの作品と気配とともに舞台へ立ちます。  制作 吉乃蕾

 

【ご予約】
一般ご予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/yawa21
ザムザ阿佐谷 TEL:03-5327-7640

※当日のご連絡もザムザ阿佐谷へご連絡ください。
また、ご予約フォーム不具合の際のご連絡またご予約は、yoshinotsubomi@gmail.com へご連絡ください。

◆ 各出演者(演出)扱い専用ご予約フォームもございます!出演者を予約で推したい!という皆様は、是非こちらもご利用くださいませ!

有末剛 専用ご予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/yawa21?m=0nedcbc

山口椿 専用ご予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/yawa21?m=0nedccj

高木尋士 専用ご予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/yawa21?m=0nedcdg

あべあゆみ 専用ご予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/yawa21?m=0nedced

磯崎いなほ 専用ご予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/yawa21?m=0nedche

板敷輝 専用ご予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/yawa21?m=0nedcfa

鶴見直斗 専用ご予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/yawa21?m=0nedcgh

吉乃蕾 専用ご予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/yawa21?m=0lbdfji

【プロフィール】
有末剛
80年代初頭に緊縛師としてデビュー以降、映画・雑誌等多くの媒体で緊縛を担当。国内外で精力的に緊縛ワークショップを開催し、緊縛指導書などの制作も行う。他分野のメディアやアーティストと積極的にコラボレーションを図り、芸術性の高い独自の緊縛世界を展開する傍ら、自らも著述や写真などの作品を発表。
また緊縛師としての深い経験により得た「官能についての見識」を伝える活動を開始。緊縛師であり官能研究家、写真家であり作家。その要素の全ては丹念に紡ぎ出され独特の世界を築き上げている。
有末剛公式HP http://arisuego.jimdo.com/

山口 椿
作家・画家・チェリスト。1931年、東京・神田三崎町に生まれる。
フランス政府給費留学生として渡仏、パリ音楽院に学び、モーリス・マレシャル氏に師事。イタリア、サラチーニ(キジアーナ)音楽院では、アンドレ・ナヴァラ氏に学ぶ。
画家としては、1958 年にパリ、ピエール・ギュモン国際コンクールで銀賞を受賞し、それを機縁として、イタリア留学中、マリノ・マリーニ氏に師事。
旧ソ連時代には政府委託の肖像画家としてキーロフ劇場に滞在し、マカロワ、ヌレエフ、コルパコワなどのエトワールの肖像を多数制作。
帰朝後はエロティックかつシュールな文学作品群を発表すると共に画業においても浮世絵の伝統の灯を守る創作活動を行い、国内外の好事家から高い 支持を得ている。

高木尋士
80年代初頭、暗闇を作ることと暗闇を覗くことに熱中し、以降、取り憑かれたように「暗闇」を創り続ける。寺山修司の死をきっかけに舞台作品を発表し始め、故昭和精吾の楽曲制作や音響、月蝕歌劇団万有引力での音響などを経て、「劇団再生」を結成。故見澤知廉の作品を舞台化しながら、テーマを「革命」「学生運動」へと先鋭化していく。闇に浮かび上がる独特の舞台観は、見る者に対して「見ることの責任」を突きつけ、構造としての「闇」を視覚化する。
また鈴木邦男氏との定期的な対談を通じて、新しい「読書」の形を提案し続けている。年間500冊におよぶ読書から、文学における「闇」の具現化に取り組んでいる。
高木尋士公式HP http://www.takagigokko.com/

有末剛緊縛夜話第二十夜 『令和元年艶怪談』

有末剛緊縛夜話第二十夜 『令和元年艶怪談』

f:id:jiji_urakata:20190626092147p:plain

今回は一度限りの上演です!どうぞお見逃しなく。

【日時】8/17(土)16:30開場/17:00開演(上演約120分予定)
※ 上演後に約1時間ほど、懇親会を開催します。(ドリンクチケット引換制、500円~)キャストとの歓談をお楽しみください。

【会場】
ザムザ阿佐谷
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21 TEL:03-5327-7640
JR中央線総武線 阿佐ヶ谷駅北口 徒歩5分
(新宿より快速で9分。土曜日は各駅停車のみ 黄色い総武線をご利用下さい)
阿佐ヶ谷駅北口を出て線路沿いを荻窪方面へ、右手に見えるTOAフィットネスクラブの北側です。

【料金】
予約:一般4,000円
当日:一般4,500円 
懇親会費:500円~(ドリンクと引き換え精算いたします。要予約。公演ご予約時に備考欄へ懇親会参加の旨をご記入ください)
※ 懇親会は予約制となります。また、懇親会では緊縛体験も実施予定です(3名様まで)。体験緊縛が応募多数の場合は緊縛未経験者優先の上、抽選となります。※全て当日会場でのご精算となります。全席自由、ご来場順のご案内です。また、当日券のお客様のご案内は、ご予約のお客様の後となります。

【キャスト】
緊縛:有末剛
落語:快楽亭ブラック
踊り:牧瀬茜
演出:高木尋士

照明:若林恒美
空間美術:鶴見直斗
協力:オフィス再生 鈴木八潮
制作:ザムザ阿佐谷 吉乃蕾

【概要】
有末剛の緊縛を、様々な芸術家や演劇とともに表現する舞台シリーズ『緊縛夜話』
令和元年初回、二十回目となる今回、舞台をともにするのは、放送禁止用語を連発する過激なネタでお馴染み、落語/快楽亭ブラック、日本唯一の怪談ストリッパーであり表現者、踊り/牧瀬茜。
演目は、播州皿屋敷と牡丹燈籠の二本立て。美しい空間の中、一度限りの贅沢な上演です。
共に、艶めく笑顔の時間をご一緒しましょう。どうぞこの機会をお見逃しなく。
令和元年、夏。
平成から令和へ、縄で繋ぐ伝統艶芸。

【ご予約】
ご予約フォーム(懇親会参加ご希望の方は備考欄へその旨をご記入ください)
https://www.quartet-online.net/ticket/yawa20

ザムザ阿佐谷 TEL:03-5327-7640
※当日のご連絡もザムザ阿佐谷へご連絡ください。

f:id:jiji_urakata:20190626092813p:plain

【プロフィール】
有末剛
80年代初頭に緊縛師としてデビュー以降、映画・雑誌等多くの媒体で緊縛を担当。国内外で精力的に緊縛ワークショップを開催し、緊縛指導書などの制作も行う。他分野のメディアやアーティストと積極的にコラボレーションを図り、芸術性の高い独自の緊縛世界を展開する傍ら、自らも著述や写真などの作品を発表。
また緊縛師としての深い経験により得た「官能についての見識」を伝える活動を開始。緊縛師であり官能研究家、写真家であり作家。その要素の全ては丹念に紡ぎ出され独特の世界を築き上げている。
有末剛公式HP http://arisuego.jimdo.com/

快楽亭ブラック
1952年、東京生まれ。69年、立川談志門下に入門。92年、二代目快楽亭ブラックを襲名して真打昇進。
00年、芸術祭優秀賞受賞。放送禁止用語を連発する過激なネタにファンも多いが敵も多く、出入り禁止になった寄席は数知れず。また自他共に認める日本一の「日本映画」通として、映画評論家としても活躍する。
05年7月、多額の借金を理由に立川流を自主退会。同年10月には心筋梗塞に大動脈瑠解離を併発し生死の境をさまよった。回復後は現在に至るまで、毒演会、落語会など、ますます精力的に活動している。
快楽亭ブラック公式ブログ http://kairakuteiblack.blog19.fc2.com

牧瀬茜
1998年からの14年間は、踊り子として日本各地のストリップ劇場を巡り、年間約300日ステージに立つ日々を送った。現在はストリップ劇場だけでなく、縁のできた様々な場や人との繋がりの中で踊る。そのパフォーマンスの多くは裸を伴うが、それは社会や自我を脱ぐことでもある。
楽家とコラボレーションをしたり、芝居に出たり、一人芝居をしたり、また、その台本を手掛けることもある。その他、絵を描いたり、詩や文章を書いたり、歌ったり、人物の写真を撮っている。
著書に「歌舞伎町で待ってます」(メタモル出版)、「すとりっぷ人生劇場-ストリップ劇場に生きる男たち-」

緊縛×インプロワークショップ 「日常を超えた信頼」

緊縛×インプロワークショップ 「日常を超えた信頼」

※ワークショップは定員になりました。見学参加は可能です!どんなワークか気になる方は、是非どうぞ。

【日時】
4/14(日)17:00~20:00(30分前開場)
20:00~ ワーク内容のシェアリングと、希望者は有末剛の緊縛を有料で体験できます

【料金】
参加4000円
見学2000円(写真撮影はご遠慮ください)
有末剛体験緊縛2000円(ワークショップ終了後のシェアリングの時間に行います)
※すべて当日会場でのご精算となります。

【会場】
ザムザ阿佐谷 
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21 TEL:03-5327-7640
JR中央線総武線 阿佐ヶ谷駅北口 徒歩5分
(新宿より快速で9分。日曜日は各駅停車のみ 黄色い総武線をご利用下さい)
阿佐ヶ谷駅北口を出て線路沿いを荻窪方面へ、右手に見えるTOAフィットネスクラブの北側です。

【お申し込み】
Mail: yoshinotsubomi@gmail.com
まで、お名前、人数をお知らせください。
見学参加なかたは、見学希望とご明記ください。

  

f:id:jiji_urakata:20190218215957j:plain

 

【概要】
インプロとはimprovisation(インプロヴィゼーション)の略。日本語では「即興」という意味です。
芸術分野における表現手法のひとつで、台本を用いず、その場で物語やシーンを創作していくエンターテイメントです。
今回は、初の試み!
緊縛×インプロワークショップの開催です。

講師は、世界を忍び翔けるインプロバイザー 忍翔(おしょう)と、映画『花と蛇』など数多くの作品で緊縛を担当している世界的緊縛師、有末剛。
縛ること、縛られること、関わること。
その関係性は、瞬間に何を生むのか。
ぜひ体験し、目撃してください。

より良質なワークを提供するために少人数開催となります。
ぜひお早目にお申し込みくださいませ。
そして、見学参加も歓迎です!
インプロの楽しさをぜひ目撃してください。

【講師より】
~緊縛×インプロ コラボワークショップ「日常を超えた信頼」~

「緊縛とは、抱き締める事である」
「縛られることで、安心を得て、心が自由になる」

これらは、以前僕がビジネスマン向けの緊縛ワークショップに参加した時、講師の方から聞いた言葉達です。
そして実際に体験することで、この言葉達は僕の中に強く刻まれることになりました。

そんな革新的な体験と言葉を与えてくださったのが、今回一緒に講師を務める、有末剛さんです。

今回のワークショップは「いつか一緒にコラボワークショップをしたい!」という僕の願いが形になったものです。
この企画が決定して以降、何度か有末さんとお話をさせて頂いたのですが、
話せば話すほど、インプロないし演劇と、緊縛との繋がりを感じるようになっていったのです。

僕はその繋がりを「日常を超えた信頼」と、名付けることにしました。

「緊縛」と聞くと、ほとんどの人は完成した形をイメージします。
一見した痛々しさに、抵抗感や偏ったイメージを持たれることが多いのですが、それは大きな誤解です。
緊縛の本質は、その過程にあるのです。

緊縛は、縄という目に見える道具を通して、相手とコミュニケーションをすることです。
縄という非日常的な道具を使うからこそ、一瞬一瞬に生まれる繊細さや深さは日常を凌駕します。
縛られる側は身を委ね、縛る側が相手を受け止める。
信頼が縄を通って伝わり合い、形になっていく様は、まさに芸術です。

かくいうインプロも同じです。
縄という目に見える道具こそありませんが、僕らは目に見えないものを創り出す想像力を駆使します。
想像上の世界の中で、相手役と関係性を持ち、互いに協力し合うことで物語を旅していきます。
脚本や美術がある演劇とは違い、想像以外何もない空間において、頼れるものは目の前の相手だけです。
お互いが相手を信頼し、相手の選択を受け入れ合うことで、2人だけの特別な時間を過ごすことが出来るのです。

「日常を超えた信頼」が、異なるプロセスで形になっていく。
それが、僕が緊縛とインプロに見出した可能性です。

この2つのジャンルが出会ったことが、新たな物語を生み出していくことでしょう。

                             インプロバイザー 忍翔

有末剛緊縛夜話第十九夜  阿佐谷心中縄の果て

有末剛緊縛夜話第十九夜  阿佐谷心中縄の果て

 

f:id:jiji_urakata:20190212152907j:plain

 

【日時】4/12(金)19:00、 4/13(土)14:00 、18:00
(それぞれ30分前開場/上演約1時間予定)
※最終日は19:00~懇親会開催(ドリンクチケット引換制)キャストとの歓談をお楽しみください。

【会場】ザムザ阿佐谷
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21 TEL:03-5327-7640
JR中央線総武線 阿佐ヶ谷駅北口 徒歩5分
(新宿より快速で9分。土日祝日は各駅停車のみ 黄色い総武線をご利用下さい)
阿佐ヶ谷駅北口を出て線路沿いを荻窪方面へ、右手に見えるTOAフィットネスクラブの北側です。

【料金】
予約:一般3,000円
当日:一般3,500円 
通しチケット7000円(お名前の確認が必要となります。ニックネームで構いません)
懇親会費:500円~(ドリンクと引き換え精算いたします。要予約。公演ご予約時に備考欄へ懇親会参加の旨をご記入ください)
※ 懇親会は予約制となります。また、懇親会では緊縛体験も実施予定です(3名様まで)。体験緊縛が応募多数の場合は緊縛未経験者優先の上、抽選となります。ご来場時にお申込受付いたします。4/11は有末剛65才のバースデーです。是非皆様でバースデーをお祝いいたしましょう!
※全て当日会場でのご精算となります。全席自由、ご来場順のご案内です。また、当日券のお客様のご案内は、ご予約のお客様の後となります。

【キャスト】
緊縛:有末剛
演出:高木尋士
長唄:杵屋三七郎
出演:あべあゆみ、磯崎いなほ、板敷輝、吉乃蕾
協力:オフィス再生
制作:ザムザ阿佐谷、吉乃蕾

【概要】
有末剛の緊縛を、様々な芸術家や演劇とともに表現する舞台シリーズ『緊縛夜話』
十九回目となる今回、舞台をともにするのは長唄、杵屋三七郎。
伝統芸術を尊重しながら飽くなき挑戦を続け、現代に生きる古典という独自の世界を歩く杵屋三七郎と、エロからアートまで幅広く活動し他分野と緊縛の融合を試みながら、己の道を真摯に歩み続けてきた有末剛の緊縛。
二日間三公演、緊縛×長唄の初セッション。
二人のプロフェッショナルが融合する時間を演出するのは、闇を拓く男、高木尋士。

今、唄と縄が 想いを遂げる。ともにゆきましょ、涅槃まで。

【ご予約】
ご予約フォーム(懇親会参加ご希望の方は、備考欄へその旨をご記入ください)
https://www.quartet-online.net/ticket/19yawa

[全公演通しチケット]
https://www.quartet-online.net/ticket/19yawa?o=c00001e

[有末剛扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/19yawa?m=0leeeig

[杵屋三七郎扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/19yawa?m=0leeejd

[高木尋士扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/19yawa?m=0leefaj

[あべあゆみ扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/19yawa?m=0leefbg

[磯崎いなほ扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/19yawa?m=0leefcd

[板敷輝扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/19yawa?m=0leefda

[吉乃蕾扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/19yawa?m=0lbdfji

ザムザ阿佐谷 TEL:03-5327-7640
※当日のご連絡もザムザ阿佐谷へご連絡ください。

【プロフィール】

有末剛
80年代初頭に緊縛師としてデビュー以降、映画・雑誌等多くの媒体で緊縛を担当。国内外で精力的に緊縛ワークショップを開催し、緊縛指導書などの制作も行う。他分野のメディアやアーティストと積極的にコラボレーションを図り、芸術性の高い独自の緊縛世界を展開する傍ら、自らも著述や写真などの作品を発表。
また緊縛師としての深い経験により得た「官能についての見識」を伝える活動を開始。緊縛師であり官能研究家、写真家であり作家。その要素の全ては丹念に紡ぎ出され独特の世界を築き上げている。
有末剛公式HP http://arisuego.jimdo.com/

杵屋三七郎
日本伝統音楽演奏家 長唄 唄方 演出家
三代目杵屋三左衛門、故・杵屋五三吉に師事し、他に清元節荻江節.、小唄なども学ぶ。また京都妙心寺大法院閑栖 松岡調に入門し、茶道、花、書を学び薫陶を受ける。東京芸術大学音楽学部卒。在学中に浄観賞を受賞。2000年、文化庁文化芸術インターシップ研修員に選出される。2009年、「邦楽夜会」で渡邊英綱賞受賞。2010年「三七郎の邦楽サロン」開催、一三年、ニューヨーク・ライブアーツ「bell」公演に音楽デザインならびに出演し、ニューヨークタイムスに、その唄声が高く評価される。一四年ピアニスト・音楽家プロデューサーのパク・チャンスによる韓国公演や日本・中国・韓国で同時開催された「one day Festival 2014」に出演するなど、近年その活動は多岐にわたる。2014年より自身の研究会「三七郎の会」を主宰している。日本の伝統芸術や音楽を尊重し、他ジャンルにも飽くなき挑戦をし、現代に生きる古典という三七郎独自の世界を生んでいる。

高木尋士
80年代初頭、暗闇を作ることと暗闇を覗くことに熱中し、以降、取り憑かれたように「暗闇」を創り続ける。寺山修司の死をきっかけに舞台作品を発表し始め、故昭和精吾の楽曲制作や音響、月蝕歌劇団万有引力での音響などを経て、「劇団再生」を結成。故見澤知廉の作品を舞台化しながら、テーマを「革命」「学生運動」へと先鋭化していく。闇に浮かび上がる独特の舞台観は、見る者に対して「見ることの責任」を突きつけ、構造としての「闇」を視覚化する。
また鈴木邦男氏との定期的な対談を通じて、新しい「読書」の形を提案し続けている。年間500冊におよぶ読書から、文学における「闇」の具現化に取り組んでいる。
高木尋士公式HP http://www.takagigokko.com/

 

f:id:jiji_urakata:20190212153053j:plain

 

お越しをお待ちしております!

有末剛緊縛夜話第十八夜「泡雪屋廻墾譚」

 

【10/13 最新配役表掲載いたしました】

2018年11月1(木)〜4日(日)


有末剛緊縛夜話第十八夜「泡雪屋廻墾譚」

 

f:id:jiji_urakata:20181002002541j:plain

 

【10/2   お詫び】
▪️出演を予定していた、
糸巻こまき 志村茜 は
一身上の都合により降板する運びとなりました。
楽しみにしていただいていたお客様には本当に申し訳ありません。
また両者降板に伴うキャンセルご希望につきましては
または
こちらfuko.cole@gmail.comまでご連絡お願いいたします。
 
▪️また、白野熊子の出演は11/1、11/2の2日間のみとなります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


緊縛 有末剛  脚本演出 夢乃屋毒花

■有末剛の緊縛を様々な演出で彩る舞台「緊縛夜話」

此度で三度目の緊縛師×不幸ハッピーの錬金術師。
前作・前々作ともに、拍手と涙に呑まれた娼館「泡雪屋」の、その後の物語。

遠い未来のソープランド「泡雪屋」には、「命と引き換えに願いを叶えてくれる絵描き」が通うという噂がある。

「親にすら愛されなかった私の価値は、一体いくら?そんな私の命でも、誰かの願いは叶うのかしら。」
自虐とほんの僅かな希望を胸に、今日も誰かがその門を叩く。

「人生を賭けて君の絵を描こう。新しい名前で生きていこうとする君が良い方向に進めるように。僕からの餞だ。」

しかしそう言ってくれたその人も悲しいことに女に優先順位をつける男だった。
約束を忘れられた女。
若く美しい女の願いを優先して叶える男。
「誰のことも特別にしない聖母」に恋をし、絶望を知る娘。

「あたしは何をしても、あなたの特別にはなれないの―?」

祖国とはこの土か、それとも人か?
問いかけを胸に、鳥は飛び立っていく。

 

「さようなら。絵描きさん。」

 

花の全ての枯れる頃、有末緊縛の圧倒的優しさに、抱かれにいらしてください。

 

全公演キャスト入れ換え
物語も、台詞はそのまま印象を変えるのを醍醐味としております

 

■上演スケジュール


11/1(木) 11:00(15:00回ビフォアイベント泡雪夜過去作1,2上映会)/15:00(緊縛無) /19:00 (緊縛無)
2(金) 11:00(15:00回ビフォアイベント泡雪夜過去作1,2上映会) /15:00 /19:00
3(土)15:00/19:00
4(日)13:00/17:00(19:00より懇親会あり)

上演時間 約90分予定

※開場は開演の30分前です。
日程・開演時刻等ご確認のうえ、会場にお越し下さい。

 

■緊縛
有末剛

■出演者
飯村 勇太(あんっ♥Happy Girls Collection withB)
風間一花
草刈晴美
こばやしりさ
昴弥
澤田千尋 3(土)、4(日)のみの出演
白野熊子 1(木)、2(金)のみの出演
花井未樹
冬岸るい
古川ゆかり
めかこ(あんっ♥Happy Girls Collection)1日のみ出演
湯木しをん
吉乃蕾
夢乃屋毒花(あんっ♥Happy Girls Collection)
琉光華(華やぎ堂)
和女(Eja9)

■音楽
中川えりか(アカラ)/二胡
Yuki/ピアノ 2日(金)、3(土)、4(日)のみの出演

■スタッフ
音響 福西理佳(零´sRecord)
照明 飯村 勇太(あんっ♥Happy Girls Collection withB)
制作 差異等たかひ子(あんっ♥Happy Girls Collection/Mix*Mix*Candy ) 西瓜すいか(あんっ♥Happy Girls Collection/創作集団『必志組』)
企画制作 ザムザ阿佐谷 吉乃蕾

■チケット種類
前売り3000円
当日3500円
リピーター割2000円
初日緊縛無し公演2000円
通し券10000円

■会場 
ザムザ阿佐谷
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21
TEL:03-5327-7640

JR中央線総武線 阿佐ヶ谷駅北口 徒歩15分
(新宿より快速で9分
土日祝日は各駅停車のみ 黄色い総武線をご利用下さい)
阿佐ヶ谷駅北口を出て線路沿いを荻窪方面へ
右手に見えるTOAフィットネスクラブの北側

 

魅惑のキャストシャッフル、役者それぞれの魅力により受ける印象は毎回異なり、

新鮮な感覚でご覧いただけます。

配役表はこちらです!

f:id:jiji_urakata:20181013225427j:plain

 

■予約フォーム

 

[一般予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3

[有末剛扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0jhbecd

[夢乃屋毒花扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0deeiid

[吉乃蕾扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0jhbebg

[飯村勇太扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0gdgbei

[差異等たかひ子扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0ijhgei

[にしうりすいか扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0jhbdbh

[和女(Eja9)扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0jhbcbi

[草刈晴美扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0jhbccf

[冬岸るい扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0jhbcdc

[古川ゆかり扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0jhbcej

[白野熊子扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0jhbcfg

[風間一花扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0jhbcha

[こばやしりさ((株)ミレニアムプロ)扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0jhbcih

[昴弥扱い 予約フォーム] 

https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0jhbcje

[湯木しをん扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0jhbdaa

[花井未樹扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0jhbddb

[澤田千尋扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0jhbdei

[めかこ扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0jhbdff

[中川えりか(アカラ)扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0jhbdgc

[琉光華(華やぎ堂)扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0jhbdhj

[Yuki扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0jhbdig

[ザムザ阿佐谷扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/awayuki3?m=0jhbdjd

■お問合せ先
fuko.cole@gmail.com(あんっ♥Happy Girls Collection)
当日&お電話 TEL:03-5327-7640(ザムザ阿佐谷)

有末剛 緊縛夜話 第十七夜『銀河鉄道の夜ー露ー』

( 6/17 キャストシャッフル配役表更新!配役変更ございます! )

 

有末剛 緊縛夜話 第十七夜『銀河鉄道の夜ー露ー』

 

f:id:jiji_urakata:20180522193822j:plain

 

【日時】
2018年7月7日(土)~7月9日(月)
開演:14:00 /19:00(それぞれ30分前開場)
※最終日は14:00回のみ/19:00~懇親会開催(ドリンクチケット引換制)キャストとの歓談をお楽しみください。

 

【料金】
予約:一般3,000円 当日:一般3,500円 通しチケット10000円 
※リピーター割引有:2回目以降2,000円(お名前の確認が必要となります)
懇親会費:500円~(ドリンクと引き換え精算いたします)
※ 懇親会では緊縛体験実施予定です。2名様まで。応募多数の場合は緊縛未経験者優先の上、抽選となります。ご来場時にお申込受付いたします。
※全て当日会場でのご精算となります。全席自由、ご来場順のご案内です。また、当日券のお客様のご案内は、ご予約のお客様の後となります。

 

【キャスト】
緊縛:有末剛
演出:夢乃屋毒花(あんっ♡HappyGirlsCollection)
脚本:にしうりすいか(あんっ♡HappyGirlsCollection/創作集団『必志組』)
出演:飯村勇太(あんっ♡HappyGirlsCollection withB)糸巻こまき(あんっ♡HappyGirlsCollection)/大島朋恵(りくろあれ)/風間一花/草刈晴美/昴弥/こばやしりさ(株式会社ミレニアムプロ)/三枝ゆきの/酒井孝祥 (Brush-up One)/澤田千尋(※7日・8日出演)/千尋(※9日出演)/出口晶美/冬岸るい/和女(Eja9)/吉乃蕾
ライブペイント:ハララビハビコ ※7日・9日出演/小鳥遊ナイ(ゲムザ)※8日出演
音楽:Yuki
照明:飯村勇太
照明補助:夢乃屋毒花
舞台監督:吉川尚志
制作補助:差異等たかひ子(あんっ♡HappyGirlsCollection/Mix*Mix*Candy)
美術協力:展示『回帰線 - 隔て繋ぐもの -』アベユウナ/木村恵 /佐藤宏三/清田悠紀子/多賀新/舞/夢覚/森馨/酔/吉乃蕾/流身華
協力:あんっ♡HappyGirlsCollection/Eja9/株式会社ブラッシュアップ・ワン/株式会社ミレニアムプロ/ゲムザ/創作集団『必志組』/Mix*Mix*Candy/りくろあれ 
企画:ザムザ阿佐谷 吉乃蕾

 

今回も夢乃屋名物!?キャストシャッフル!!

 

f:id:jiji_urakata:20180617112556j:plain

 

f:id:jiji_urakata:20180414220128j:plain

 

【概要】
希代の童話作家として知られる宮沢賢治
彼が焦がれた「ほんとうのさいわひ」とは何だったのか。
そして彼が描いた星とは、なんだったのか。

有末剛緊縛を描いた作品による舞台美術にもご注目ください。
銀河の物語と、それを描いた男との邂逅を、縄とともに。

「ひとつかがやく、そらのめあて。それは、貴女でした。」

 

本公演の特設サイトオープン!随時更新です!

ginga-tetsudo.amebaownd.com

 

4月18日 ご予約開始です!! 

【ご予約/各出演者ご予約フォーム】

[夢乃屋毒花扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0deeiid

[にしうりすいか扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0hbadfa

[差異等たかひ子扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0ddiica

[飯村勇太扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0gdgbei

[糸巻こまき扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0hbfghg

[大島朋恵扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0idbfbc

[風間一花扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0idbfcj

[昴弥扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0idbfdg

[こばやしりさ扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0idbfed

[三枝ゆきの扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0idbffa

[酒井 孝祥扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0idbfgh

[澤田千尋扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0idbfhe

[出口晶美扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0idbfib

[和女(Eja9)扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0gdgceh

[吉乃蕾扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0idbfji

[ハララビハビコ扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0idbgae

[小鳥遊ナイ扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0idbgbb

[Yuki扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0idbgci

[千尋扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0ifbeae

[草刈晴美扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0ifbebb

[冬岸るい扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0ijfdhi

[ザムザ阿佐谷扱い 予約フォーム]

https://www.quartet-online.net/ticket/yawazyunana?m=0idbgec

 

【お問い合わせ・ご予約/ザムザ阿佐谷】
TEL: 03-5327-7640/E-mail: asagaya@laputa-jp.com   まで。
件名に「有末剛緊縛夜話17予約」本文に氏名・連絡先・予約枚数・観覧回・役者扱いの場合は役者名・懇親会参加の有無をご明記ください。
リピーター割引・通しチケットをご希望の場合はお名前の確認が必要となります。ニックネームで構いません。
劇場からの返信をもってご予約完了となります。携帯電話の受信設定をしている場合は劇場からのメールが受信できない場合がございます。受信設定を解除してください。

 

f:id:jiji_urakata:20180323200757j:plain

 

f:id:jiji_urakata:20180323200433j:plain

 

【随時更新公式Twitter 最新情報はこちらから】
・ 緊縛夜話Twitter 

https://twitter.com/jiji_urakata

 

【プロフィール】
有末剛
80年代初頭に緊縛師としてデビュー以降、映画・雑誌等多くの媒体で緊縛を担当。国内外で精力的に緊縛ワークショップを開催し、緊縛指導書などの制作も行う。他分野のメディアやアーティストと積極的にコラボレーションを図り、芸術性の高い独自の緊縛世界を展開する傍ら、自らも著述や写真などの作品を発表。
また緊縛師としての深い経験により得た「官能についての見識」を伝える活動を開始。緊縛師であり官能研究家、写真家であり作家。その要素の全ては丹念に紡ぎ出され独特の世界を築き上げている。
有末剛公式HP http://arisuego.jimdo.com/

 

夢乃屋毒花
不幸女子の不幸女子による不幸女子のための祭典 あんっ❤︎HappyGirlsCollection主宰。
演劇、ダンス、タロット占いなどありとあらゆる手段を用い、
生きるターニングポイントとして数々の不幸女子を不幸なまま不幸を喘ぐハッピーへと導く。人呼んで不幸ハッピーの錬金術師、おはな。
命を燃やし魂を削るその表現は中華料理、スタミナ系みそかつ丼などに例えられ、常人の320%分のパッションを放つ。
健全なあなたは胃もたれ注意である。
Twitter☆@akirahisoku1
4コマブログ☆ http://s.ameblo.jp/an-happygirls-collection/

 

にしうりすいか
1985年生まれ。12才のときから脚本を書き始める。
書いた脚本は40作以上。2000年、脚本を扱ったサイト『中学生演劇のページ』が第2回スクールホームページグランプリにて受賞。
2001年 『確かそこには空があった』 能登演劇堂 高校生戯曲賞 佳作受賞。
その後、市民団体の児童参加公演の脚本、小劇場舞台の脚本、チバテレビ番組内ショートドラマの脚本などを手掛けたのち、和楽器×朗読のプロジェクト「声劇和楽団」にて「源氏物語」「鳥獣奇譚」の脚本を手掛ける。
その他、演劇部に所属する中学生、高校生向け脚本創作ワークショップの講師や、中学演劇大会の審査員なども担当している。
「ひとはすべて自分のものがたりを作れる」がモットー

 

f:id:jiji_urakata:20180323203023j:plain

 

「どこまでも、いっしょに  いこうねえ」