読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有末剛 緊縛夜話

ザムザ阿佐ヶ谷にて定期開催している緊縛イベント。今宵一夜の夢の泡沫を、あなたと共に。

有末剛 緊縛夜話 第六夜「或る寓話」

f:id:jiji_urakata:20140411233728j:plain


夜話付きじいやの小春便り 5


4月9日 晴れ


ああ。

桜が儚く散ってしまいます。

美しい、しかし余りに容赦ない、美の終焉です。いつかの再会、切に願います。

そして、緊縛夜話まであと僅かとなりました。

容赦ない時の流れが、なんとここにも。

そんなこんなで一同、時間と戦っております。ゆっくり晩酌も憚られる最近、せめて心は自由でありたい。手を動かしつつ私の脳裏に浮かぶのは遥かな思い出、いつかの麗しい彼の方。


f:id:jiji_urakata:20140411232951j:plainf:id:jiji_urakata:20140411232958j:plainf:id:jiji_urakata:20140411233007j:plain


切なく縛られた麗しい方の愁眉。色づく唇。白い肌に滲む汗。にじる爪先、ああ。


f:id:jiji_urakata:20140411233214j:plain


…失礼致しました、私、思い出の甘美な海へドボンしておりました。

しかし、何故、縛られた女性は花開くように美しくなるのでしょう。

縄に身を委ねる、それはある意味に於いて、麗しい方御自身の解放なのかもしれません。


f:id:jiji_urakata:20140411233329j:plainf:id:jiji_urakata:20140411233409j:plain


為す術なく身を任せる時、縛られた方は身体の自由を失うと同時に、反作用のように、心を、魂を自由にしていくように私は感じるのでございます。いつか、有末様に、その心をじっくりと伺ってみたく思います。

いやしかし、麗しい方が身を委ねる時。

縄を持つ方によって、その時間は如何様にも変容する事でございましょう。

柔らかい魂は、取り扱いに繊細さを要します。

さて世界の縛聖・有末剛様は、緊縛を、抱擁と受け止めておいでだとの事でございます。


f:id:jiji_urakata:20140411233533j:plainf:id:jiji_urakata:20140411233545j:plain


自らの腕のみでは叶わぬほどの、強い抱擁です。

それはどんなものなのでしょうか。

百聞は一見にしかず。

是非、ご覧になってみて下さい。

次回緊縛夜話は4月13日、17時より開演でございます。

更に和気藹々の懇親会では、手拭い、風呂敷、お猪口、はたまた書籍や日本酒まで、貴重な有末様由来のグッズ販売も致しております。また、ご希望の方先着三名様に限り、緊縛体験もできます。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。


f:id:jiji_urakata:20140411233713j:plain


有末剛 緊縛夜話 第六夜「或る寓話」http://www.laputa-jp.com/zdata/data/samsa/140413.html

随時更新緊縛夜話公式Facebookページhttps://www.facebook.com/a.kinbakuyawa