読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有末剛 緊縛夜話

ザムザ阿佐ヶ谷にて定期開催している緊縛イベント。今宵一夜の夢の泡沫を、あなたと共に。

有末剛 緊縛夜話 第5夜「姫君の憂鬱」

しんしんと、夜が更けて参りました。

師も有末様も走る、師走となりましたね。皆様、如何お過ごしでございましょう。

私は今、とにかく、寒い。

寒さは得意ではございませんで、情けない限りです。

 

さてそんな中、今週末12月8日に、緊縛夜話が迫って参りました。

 

タイトルは 「姫君の憂鬱」

 

はて、姫君は何故、憂鬱なのでしょうか。

 

今回の主人公、姫君を演じるのは小司あん様。

合い言葉は「にゃぴーんっ」の、いつも朗らかで頑張り屋さん、とてもとてもお可愛らしいお嬢様でございます。

今回は、歌い、お芝居と、大活躍です。

f:id:jiji_urakata:20131013124125j:plain

そんないつも朗らかなお顔が、何やら曇っておいでです。

守られて育った姫君は、まだ世界を知りません。

世界を知らされないまま生きるのは、どなたにとっても憂鬱なものなのかも知れませんね。

 

さて、そんな姫君が暮らす宮殿に、有末剛様率いる旅の一座がやってくるのが、物語の始まり。

姫君が出会ったものは何なのか・・・是非皆様の目で確かめて頂ければ幸いです。

 

さて、旅の一座の皆様をご紹介致しましょう。

まずはとにかく、おなじみの、有末剛様。

f:id:jiji_urakata:20131204001646j:plain

世界有数の緊縛師でございます。

今回もその存在感で、皆様を圧倒なさる事でしょう。

その業、その空気、流れるような緊縛を、どうぞご堪能ください。

今回は、旅の一座の座長を演じられます。

 

そして、高ノ宮紫様。

f:id:jiji_urakata:20131204002025j:plain

今回もご活躍の高ノ宮様。

お芝居に、歌、ダンスに緊縛と、舞台を華麗に舞います。

高ノ宮様の劇中歌を作られたのは、桜井明弘様。

その世界観を、どうぞ存分にお楽しみください。

高ノ宮様、一座の仲間を演じられます。

 

そして、花夏海様。

f:id:jiji_urakata:20131204002834j:plain

花様、ダンサーとして有末様との共演も多く、お二人の息はぴったりです。

今回は、ダンスに限らず、お芝居も演じられます。

美しさに加え、進化し続けるその表現力、必見です。

旅の一座を演じられます。

 

さて、そして旅の一座の美しい男性、シャンプー様。

f:id:jiji_urakata:20110723111153j:plain

なんと美しい肉体美。

彼は、その美しい肉体を余す所なく使いこなし様々な表現を試みる、「裸体役者」

しかも、音楽にも精通しておいでです。

今回は、ピアノ演奏とエアリアルパフォーマンス、ダンス・・・大活躍でございます。

大変残念な事に、今回、裸体を拝見する事は叶いません。

しかし、衣服を通しても感じるその肉体の躍動感を、楽しんで頂ける事かと存じます。

 

いつもながら、懇親会のお時間には体験緊縛を実地

(先着3名様、もしくはくじびきでございます)

 

そして、充実の物販コーナーも。

 

手拭い、風呂敷、書籍、お猪口、

 

そして喜久盛酒造様より限定発売致しました純米吟醸原酒「有末」

おそらく、都内で入手できますラストチャンス。

 

どちらも、是非、お買い求めください。

 

詳細は、

 

緊縛夜話facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/1408835609349803/

 

ザムザ阿佐谷該当ページ

http://www.laputa-jp.com/zdata/data/samsa/131208.html

 

を、ご確認ください。

大事な事は、ご予約をなさいますと500円のお得だという事実です。

是非、ご予約をお勧め致します。

 

随時更新、緊縛夜話Facebookページはこちらです

https://www.facebook.com/a.kinbakuyawa

 

さて、ご紹介致しました彼らの、妖しい邂逅。

そして、物語と緊縛の融合。

皆様と共有できましたら幸いです。

皆様のお越しを、スタッフ一同、心よりお待ちしております。

f:id:jiji_urakata:20131204005144j:plain

 写真提供/ 後藤一平 、 Mikan

< イベント詳細 >

 

それは、不思議な憧れ… 

魔法の縄が今、私を変える 

 

映画や音楽をはじめ多様なメディアやアーティストとのコラボレーションを図り、独自の緊縛スタイルを生み出してきた緊縛師・有末剛。 

ザムザ阿佐ヶ谷では本年4月より、緊縛に演劇的アプローチを試みたイベント「緊縛夜話」を定期開催してきました。 

第五回となる本イベントでは、前作に引き続きダンサー・花夏海に加え、少女を思わせる可憐さが魅力のAV女優・小司あんと、神秘性あふれる裸体美の究極の世界を追求する裸体役者・シャンプー、また劇中歌に桜井明弘が参加。 

脚本はもちろん、シリーズ中めざましい活躍をみせた脚本家・五代暁子。 

このメンバーで、宮廷のサロンにて夜な夜な繰り広げられる美しい狂乱のショーと、純粋な姫君の縄との出会いを描きます。 

緊縛・エアリアル・ダンス・歌・ピアノ演奏と、 

様々に楽しめるショーを、どうぞご一緒に。

(※着衣での緊縛イベントとなります。) 

なお、イベント終了後には懇親会を開催。希望者の中から先着3名様まで、体験緊縛を実施いたします。 

 

公式Facebookページ 

https://www.facebook.com/a.kinbakuyawa 

 

公式twitter

https://twitter.com/jiji_urakata

 

ザムザ阿佐ヶ谷緊縛夜話ページ http://www.laputa-jp.com/zdata/data/samsa/131208.html

 

 

【出演】有末 剛、小司あん、シャンプー、花 夏海、高ノ宮 紫 

【演出】五代暁子 

劇中歌作曲】桜井明弘 

 

 

【日時】 

2013年12月8日(日) 

開場 17:30/開演 18:00 

 

上演終了後の19:00より懇親会開催(懇親会費別途) 

※ 先着3名様まで体験緊縛実施 

 

【チケット】 

前売 一般3,000円 

当日 一般3,500円 

懇親会費 1,000円 ※当日会場でのご精算となります。 

 

【お問い合わせ・ご予約】 

ザムザ阿佐谷 

TEL:03-5327-7640/E-mail:asagaya@laputa-jp.com 

※メールでご予約の場合、件名に『有末 剛 緊縛夜話5 予約』とご入力いただき、 

本文には、氏名、ご連絡先、チケットご予約枚数、また懇親会参加ご希望の方はその旨をご明記ください。 

劇場からの返信メールをもってご予約完了いたします 

 

 

■出演者プロフィール 

 

《有末 剛 プロフィール》 

70年代後半に緊縛師としてデビュー。以後、数多くの雑誌や映画で緊縛を担当する。国内外で精力的に緊縛ワークショップを開催し、緊縛指導書などの制作も行う。近年は、他分野のメディアやアーティストと積極的にコラボレーションを図り、芸術性の高い独自の緊縛世界を展開する。9月公開の壇蜜主演映画『甘い鞭』で緊縛を担当し、出演もしている。 

公式HP http://arisuego.com/ 

 

《五代 暁子 プロフィール》 

1989年にピンク映画『痴漢電車 お尻自慢』で脚本デビュー。以来、150本以上のピンク映画、Vシネマ、舞台の脚本を執筆。2011年には酒井法子事件を題材とした一般作『刹那』(原作 梨元勝/監督 笠原正夫)の脚本を担当した。他にゲイ映画の監督、デジタル小説、緊縛モデル等、多方面で活動している。 高ノ宮紫の劇中歌を作詞。 

 

《花 夏海 プロフィール》 

幼少の頃より常に踊りが日常にあり、パントマイムやさまざまなジャンルのダンスに親しむ。アフリカの太鼓をきっかけに、アフリカンダンスを日本・NYなどで学び、 

天河神社で奉納する機会にも恵まれる。 

縁と共に、野外のイベントや、神社、火、水のもとで踊る。 

 

《小司あん プロフィール》 

ロリっこav女優・小司あん 

合言葉は、にゃぴーんっ!! 

旧名・平子知歌を卒業し、事務所を離れフリーで活動中! 

詳しくはこちらで☆ 

Twitter→@nyapianan 

ブログ→http://blog.livedoor.jp/anannyapi/lite/ 

 

《裸体役者シャンプー プロフィール》 

【神秘性あふれる裸体美の究極の世界】 

古典音楽~最先端ミュージック、コミカル~シリアスまで様々な衣装、音楽とストーリー性ある演出構成で展開していき、アクロバット、コントーション(柔軟性)そしてエアリアル(空中芸)という3つの要素を組み込ませながら、男子の野性的、かつ神秘性あふれる裸体を「美しくエロティックに」と官能性の極意に鬼気迫る演出し、追求した究極の表現で繰り広げる変幻自在のパフォーマンス活動をしている裸体役者。 

 

《桜井明弘 プロフィール》 

中央線沿線を中心に、弾き語り、パンドで音楽活動を続けているシンガー・ソングライター。最近は、ピンク映画に楽曲を提供したり、「歌う!ピンク御殿」、「危険なジョージ」など、たくさんの企画ライヴのプロデューサーとしても活躍している。 今回、高ノ宮紫の劇中歌の作曲を担当。