読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有末剛 緊縛夜話

ザムザ阿佐ヶ谷にて定期開催している緊縛イベント。今宵一夜の夢の泡沫を、あなたと共に。

ご挨拶

さて、こんばんは。

はじめまして、「有末剛 緊縛夜話」スタッフの一人、ヨシムラでございます。

当イベントは、世界的緊縛師有末剛による、定期開催の緊縛イベントでございます。

緊縛と申しますと、そう、美しい女性を縄で締め上げ、そいでもってどうのこうの、という事を思われましたり、

まあ、そこはかとなく淫媚な世界を思い浮かべる方も多いと存じます。

確かに、拝見しておりますと、滲み出るエロスは隠しようもございません。

ただ、何でしょうか。

大変に美しいのです。

女性の美が、縄により際立ちます。

こればかりは、ご覧になって頂かないと御説明が追いつかないかとは思いますが、本当に、そう感じます。

「縛る事は、抱きしめる事」

そのような縄の抱擁を受けた女性は、花が開くように変化致します。

それを、美しいと言わず何と表現すればいいのか。

理に叶っているものには、美が宿ります。

恐らく人は、美しいものに逆らう事は、困難なのではないでしょうか。

我々が緊縛美に惹かれるのも、そういう理由だからかも知れません。

 

さて、当イベント緊縛夜話では、美しいものを毎回皆様にお届け致したく思っております。

たった一夜の、儚き夢の泡沫のひととき。

ご一緒できれば幸いでございます。

緊縛とコラボレーションする様々なアートを、是非皆様、お楽しみ下さい。